創造力集団 中埜総合印刷株式会社

NAKANO General Printing Company
ホームへ 会社案内 印刷事業領域 食品事業領域 採用情報 お問い合わせ
インフォメーション
印刷事業部

JIS Q9001:2008

FSC/CoC認証 責任ある森林管理のマーク

プライバシーマーク
食品事業部
JQA-QM7889
  トップ>インフォメーション/「ぶらりぐるり知多半島」

2019年版冊子

ぶらりぐるり知多半島は予言します。
知多半島は、香り高く、口当たりもいい、香辛料が口の中にふわっと広がりながら、後味はさっぱり。
そんな スパイシーな知多半島 に変わっていくことを。ほかと同じでは埋もれてしまいます。
さぁ、私たちと一緒に知多半島の“スパイシー”を探しにいきましょう!!


■サブコンテンツ

 2009年に発行して以来、10年にわたって知多半島の風物をさまざまに取り上げてきた「ぶらりぐるり知多半島」。記念すべき11回目はその新たな門出として、読者と、地域と盛り上がれるグルメ企画を提案。
 6店の海千山千の名物料理人が、元来の型にはまらない独創的なセンスと、誰にも負けないと自負するその熱い情熱で、知多半島の新しいカレーを想像した。





 いつも当たり前のようにそこにあって、老若男女のお腹をたっぷりと満足させてくれるスパイスメニュー。カレーライスはもちろん、カレーうどんやカレーパン、おうちのカレーやレトルトカレーまで……。人々の毎日を胃袋から支えるとびっきりの一皿が、知多半島には数多くある。





 スパイスの効いている人は、もしかしたら周りから変人扱いされているかもしれない。スパイスの効いている人は、その突飛なアイデアで周りの人たちは付いて行けてないかもしれない。そんなスパイスの効いている人は、遠くから見ると輝いて見えるもの。周囲を魅了して止まない、知多半島のスパイシーな“人々”を一気に紹介。




 第9回 産業観光まちづくり大賞では見事金賞を獲得、そして巷では「モノより思い出」のキャッチコピーに代表されるスパイシーな体験が空前のブーム。もはや、「もの・こと」は単純に見学するだけではなく、スパイシーな引っ掛かりがなければ、誰も目を向けてくれないのだ。スパイスの効いた発想で周りを引きつける、スパイシーな“ものこと”が、知多半島にはあふれている。




 工業と農業、そして名古屋のベッドタウンとして栄えてきた北部エリア。西三河へのアクセスもよく、セントレアの誕生から話題の中心となった中部エリア。海水浴や潮干狩り客の減少もなんのその、海産資源で新たなファンの獲得に成功した南部エリア。日本地図で見ればごく限られたフィールドでありながら、掘り下げてみればそこには多様な暮らしや歴史、文化が息づき、どこの市町をとってみても、知れば知るほど、語り尽くせない魅力がある。

 
   
 
発 行/中埜総合印刷株式会社
編 集/ぶらりぐるり知多半島編集委員会

<最新版へ戻る

 
 
(c)Nakano General Printing Company
カラーマーク
個人情報保護方針