知多半島の山車  
前のページへ 次のページへ  【知多半島の風トップへ】
からくり人形

 

「からくり人形」
■カラクリの歴史は古代エジプトより
■和時計の元祖は尾張から
■からくり人形には神が宿る
■尾張のからくり人形
■知多におけるからくり人形の始まり
■宝暦頃のからくり人形
■大野のからくり
■人形浄瑠璃が今も上演されている
■前棚で演じる三番叟人形
■山車からくりにも時代の変遷が
■からくり人形作者たち
 初代玉屋庄兵衛
 竹田寿三郎
 竹田藤吉
 鬼頭二三
 初代隅田仁兵衛
 二代目隅田仁兵衛
 竹田源吉
 五代目玉屋庄兵衛
 土井新三郎
 六代目玉屋庄兵衛
 七代目玉屋庄兵衛
 地元のからくり作者
■南吉と三番叟

 

■人形浄瑠璃が今も上演されている

 知多半島の山車からくりというと上山で演じられるからくりと思われるが、浄瑠璃系のあやつり人形が現在も伝承され、祭礼時に演じられている。いわゆる素人浄瑠璃の類いである。
 最近、武豊町東大高で古浄瑠璃の金平人形の首が発見された。熊野神社(現富貴中学校)のある熊野池の真ん中の島を中障子という。ここでデクノボウ(あやつり人形)を踊らせ人々は土手に腰をおろし見物したものだという。この池は俗にあやつり池と呼ばれた。
 人形の肩板により「近江源氏先陣館」が演じられていたことがわかった。寛政7年(1795)の銘があり、それ以前より、山車からくりと別に浄瑠璃芝居が村人によって上演されてきたのであろう。
 大野の内宮御祭宮社にも浄瑠璃人形の首が36個あり、明治初めまで神社の境内に小屋がかけられ、浄瑠璃語りにあわせて、あやつり人形が踊ったという。この人形の箱書に「寛政九年丁己六月砂若」「京都富小路角磯屋六兵衛より尾州大野あさや宗四郎様」とあり、東大高のものと同時期に京都より買い受けたものと思われる。内宮御祭宮社にはそれ以前に唐子車によりからくり人形が存在しているので、祭礼には並行して演じられたのであろうか。
 同じ常滑市の坂井では、地元の漢学者伊東桐斉の作による浄瑠璃「軍術誉白旗、鬼一法眼館ノ段」を伊東家出入りの大工斧次郎が人形を作った。天保15年(1844)のこと。現在も春祭りに潮風吹く中を山車上で演じられている。坂井には古い山車の一部が現存していて寛政5年(1793)6月の建造されたものであることがわかっている。こんな知多の片田舎にも、古くより山車が曳き回され、からくり人形が楽しまれてきたのである。
 隣の美浜町上野間でも浄瑠璃人形が現在も上演されている。野間神社の境内に見物人は思い思いに茣蓙を敷き、酒を飲みながら、御馳走を口に運び、寝転がって、延々と数時間に及ぶ二台の山車上の浄瑠璃人形をのんびりと観ている。春ののどかな上野間の祭風景は時間を忘れて、遠い過去を回帰させてくれるものがある。昔の祭りはどこでもこんなであったろうと彷彿とさせてくれる。
 四島組が「紅葉狩妹背之御鏡山賊退治ノ段」と越智組の「源義経日之出車源氏烏帽子折ノ段」である。越智組の人形は安政5年(1858)竹田源吉によって36両で作られたことが記録にある。
 内海の北脇に現存する「業平卿八橋ノ段」は上野間の四島組より、山海の松原「小鳥丸夢ノ助太刀ノ段」は越智組より購入したものという。共に明和7年(1770)の作で竹田系の作者によって作られたものという。共に現在は演じられていない。
 知多市岡田の里組の山車は、記録によれば元禄2年(1689)に初めて建造された。正徳4年(1717)に造り替えられ、さらに延享2年(1745)に建直されている。古い山車であることが知れる。山車の型も知多型ではあるが、半田の山車とは少し違う独特のものがある。
 この岡田に知立の浄瑠璃からくりの「平治合戦」とまったく同じ「悪源太平治合戦」が保存されている。また前棚人形としても、里組に三番叟(男)や春駒人形、中組のおやま、三番叟(女)、奥組の幸福人形など独特の個性をもったからくり人形が保存されており、これらの人形の作者や制作年代の手掛かりが掴めないのが残念である。これからの研究が待たれる地区である。
 知多半島でも広範囲に糸からくりによる人形浄瑠璃が存在することは興味深いし、こういった芝居好きな土地柄といえよう。常滑市、阿久比町、半田市、南知多町などの神社の建造物として舞台が建てられている。中には回し舞台装置さえ設けられている素晴らしい舞台もある。古くより村芝居や、浄瑠璃芝居、嫁獅子などの郷土芸能が地元の人々によって演じられてきたのである。戦後の話として、有名な歌手が知多の片田舎の神社境内の舞台で歌を歌っていった。ギャラの代わりに米などの食糧を渡したところ、とても喜ばれたとの話も聞く。
 芝居などを演じ観るだけでなく、地元の知識人によって浄瑠璃本も多く書かれている。からくり人形の研究もこちらの方面からの調査も必要かと思われる。

■前棚で演じる三番叟人形 

 三番叟は能の「式三番」で千歳、翁に次いで三番目に出るところから名づけられた。普通は黒面のものをいう。めでたい舞であるところから人形芝居に取りいれられたものである。小鈴谷の昭和6年(1931)に作られた三番叟は糸からくりであるが、それ以外の三番叟は三人操りでおこなわれる。
 最も古い三番叟は河和中組のもので寛政年間(1789〜1800)の作で寿三番叟という。他のすべてが山車の前棚で演じられるのに上山で舞うという珍しいものである。本来は河和城主の戸田氏(後に水野と改姓)の子孫によって天神社の祭礼に奉納されてきたもの。いつからか山車上で舞うようになった。逆に上山人形であるべき社変わりのからくり人形は前棚で演じられている。こちらは三番叟が突如社殿に変ずるという、横須賀の大門組のものと同種のからくりである。地元の大工によって作られたと推測されている。
 下半田北組の三番叟は天保14年(1843)隅田仁兵衛真守によって作られた。三番叟人形の代表的な作品といえよう。現在演じられているのは大正5年(1916)の六代目玉屋庄兵衛のものである。
 大谷の奥条東桜車の三番叟は爺といい、浜条蓬莱車の三番叟は婆という。長寿を祈願してあやかりたいと名付けられたものであろう。
 三番叟人形は大正時代に入って半田市と常滑市で多く作られている。砂子組白山車はじめ各三番叟と下半田中組祝鳩車の太平楽人形、南組護王車と常滑北条神明車の巫女舞人形、山方常山車の巫女人形。これらはすべて前棚で演じられる。この殆どが六代目玉屋庄兵衛の手によって作られている。
 こういった傾向は、山車曳き回しの好みが変わってきたためと思われる。厳かに神社に奉納するには、めでたい三番叟やそれに類するものがからくり人形に選ばれたのであろう。

■山車からくりにも時代の変遷が 

 以上をみてきただけでも、現在の知多型山車が建造される以前に、これだけの山車とからくり人形が存在していた。その追跡だけでも困難を極めるのが現状である。山車も時代によって新造されたり、他の地区へ事情によって売却されたりしている。その中味が問題である。何を売り、何を新じく造ったかが記録にない。例えば、山車の一部の彫刻を売ったとか、からくり人形を売ったとか明白に記録されていればこれほど悩まない。山車にしても○○組より購入したとの伝えがあっても、どこまでの物が購入されたかが問題になる。大きな山車全体にしてこうであるから、小さな、持ち運びできるからくり人形が方々へ売られ流れていったとしても不思議でない。こういった場合、古文書などの記録が唯一の手掛かりとなるのである。
 亀崎中切組山神車が立川和四郎富昌によって建造された。神社と仏壇を合体したかのような山車は目新しく、豪壮な彫刻は睨みつけるような迫力に満々ている。新鮮であった。圧倒された。これが知多の山車の形態を変えたといってよい。知多各地でこの山車が伝播されていったのも時代である。従来ののどかな祭りから曳き回しの魅力を祭り関係者は知ったのである。
 古いからくり人形は消えていった。各地に売られていった。人形は寂しさに泣いたであうう。
 からくり人形の傑作として絶賛され、ロンドン公演で好評を博した碧南市大浜の乱杭い渡りがある。亀崎田中組の神楽車は大浜に山車を売ったのである。この時にこのからくり人形も売られたのかも知れない。神楽車では生きた化石と称される「傀儡人形」が復活した。乱杭渡りより以前にあったからくり人形であろう。どこかの地区より古くなったからと買い受けたものかもしれない。現在では江戸時代の風俗を伝えるものとして注目されている。ここが歴史の面白さである。古い民俗芸能復興ブームにあることは、豊かさの証明であろう。だがからくり人形は、そんな人形の思いも知らず、ただ与えられた役割をせいいっぱい果たしたく、動きたい、身体を力いっぱい動かしてみたい、一心であろう。
 亀崎中切組の力神車のからくり人形の上山人形は碧南市の新須磨に売られた。多くの色褪せたからくり人形は田舎へと売られていったであろう。それでも活躍の場が与えられれば幸いであった。多くは人知れず、山車蔵の片隅に湿気た箱の中に語ることもできず、喋ることもなく、ただ眼を閉じ眠っていた。
 明治になって、道路が拡張整備されていった。山車が豪快な楫のきり方や、曳き回しの技術に技を競うようになり、山車の大きさや、重さなどに、また彫刻の素晴らしさ、刺繍の豪華さに、村自慢の眼が移っていくようになると、上山人形が急に色褪せ古びて見えるようになった。かっての花形であったからくり人形も見飽きられ他地区へ売られる運命にあったといえよう。
 蔵に寂しく眠フていた人形は幸いであった。最近になって、文化財保護がさけばれ、地方文化の見直しが、故里回帰と相まって郷土を見直そうとの気運が高まってきた。文化財となった郷土芸能は、これは大変な物だったげなと再認識されつつある。行政による市誌、町誌の発行が拍車をかけた。各地で調査がなされ新たな新発見が報告される。十年前にはみられない現象が各地でおこっている。これは喜ばしいことであるとともに、郷土芸能が、庶民のなかで育てられ演じられてきた文化であったとの認識を忘れてはならない。時代とともに変わりつつあるものこそ、まさしく民衆の文化なのである。
 日本唯一の木偶師を自称する七代目玉屋庄兵衛がいる。からくり人形の今日の隆盛は彼の力による。眠れる人形に生命の息を吹きかけたのは彼である。新しき人形を制作する以上に、旧きものを損なわず、新しく蘇らすことは至難の技である。玉屋庄兵衛はからくり人形の復元に生涯を賭けた。尾張から、三河、岐阜、伊勢へと各地の山車蔵に眠るからくりを求め歩いた。雲水の行脚に似ている。これも修行のひとつと訪ね歩いた。からくりブームは玉屋庄兵衛の努力の開花であるとともに、仕掛人は彼でもある。
 「半田市民まつり」は31台の山車を集め好評のうちに終わった。前回の「山車祭り」終了後、各地区で幕などを新調し、他地区に負けるものかという、かっての競いあいの芽が出始めた。祭りの形態が変わろうとしている。地区の祭りが、大掛かりな市民とともに楽しむ祭りにと変貌しつつある。大勢の見物人をあっといわせる、からくり人形の出番到来である。
 幾本もの糸で巧妙に操り、生きた人形以上の演技をすることは至難の技である。だが数多くの復活した人形を文化遺産の名で飾っておくのはからくり人形に失礼である。からくり人形に値しない。からくり人形は生々と動き回ることによって生命が蘇るのである。
 古き人形が各地で復活しつつある。これからは演じ手の質の問題が問われよう。また後継者を育てることが現在ある人々の使命でもある。からくり人形に携わる人々が切磋琢磨して、新しい山車からくり人形を生み出すことを期待したいものだ。

 
<前のページへ 次のページへ>

-4-